新 エ ネ ル ギ ー 探 査 で 産 業 革 命 を 開 く

FrontPage


           I  N  D  E  X  

  • 画像の説明---りねん---どうぐ---みらい---野嶋勝利

地球は私達の大切な生き物 限りある資源を大切に

地球は私達の大切な生き物地球が大宇宙の中では小さな惑星かも知れないが、我々人間にとっては掛買のない大きな住まいなのです。この小さな惑星に水と空気を与え我々の生命と居住空間を与えてくれたのです。我々の先祖は太古の昔からその時として牙を剥き出す火山/地震/津波/大雨/干ばつ/と戦いながら生命は進化して来たのです。

そして近年 地球は人間様だけのためにあるかのように、人口増加 食料増産のための樹木の伐採
天然鉱石の採掘 化石燃料の採掘は需要の増大に伴う争奪戦 樹木の伐採に伴う焼却と化石燃料の燃焼は大気汚染と地球温暖化現象を招き我々人類の生存すら危ぶまれる様相である。

化石燃料(石油/石炭/天然ガス)の枯渇化が叫ばれる今、この化石燃料利用の歴史を見ても100年程度である。100年程度の消費で枯渇化が叫ばれている今 バイオマス燃料の開発/原子力エネルギー/自然エネルギーの開発と多方向にエネルギー探査が進める今、我々人類は化石燃料の用途利用に手がける前にこの大気中や水の中から水素を取り出し、それをエネルギー源にする事を何故考えなかったのか?
我々人類は一つだけボタンを掛け間違った気がする。

我々はこの地球に住みながら、長い間地球の事を知らな過ぎた。地中奥深くの化石燃料だけでなくこの人間が呼吸している大気中に地球上の3分2は海水と云われるその中大量の水素燃料があると云う事を知ってか知らず定かでないが、地中奥深くの化石燃料の採掘にはいる前に、海水や大気中水から水素を取り出しエネルギー燃料として利用する(水素燃料と水素燃料電池時代の到来)

近年化石燃料から水素を取り出す技術は確立されている。しかし枯渇しつつある化石燃料時代にこの確立技術は無意味なものとなりつつある。

それでは直接大気中から水から水素を取り出す方法はあるのでしょうか?
の質問に即答します『あります』詳細は下記にて
HHOガス開発利用プロジェクト

上記サイトの概要はトリウム原発の高温溶融塩炉にて水素製造しようとするもので、地中内部の天然鉱石利用の原子力発電である事は疑う余地はない。近年この地下に眠る鉱石採掘の事をレアーアースとして再利用(リサイクル)が必須と成って来ました。トリウム鉱石はウラン同位体の放射性物質ですが、ほとんど採掘されていないのが現状です。しかし地球の限りある資源は大切に利用しなければいけませんネ。

自然科学の発達は倫理感を変える

我々人類はどこから現われ、現在にいたるのかと素朴な疑問を垣間見る時、古来の昔から未知への挑戦により、それは発明と発見の歴史であり、食物.エネルギー連鎖の争奪の歴史であった。
ガリレオの天動説--過去この地球上に住むすべてのこの地球が丸く円形をしていて自転をしていると述べた。この時に皇帝をはじめ世の人々(地動説者)はガリレオの事を「おおバカ者」「おお空け者」「神を冒涜する者」と大きな批判を受けました。『それでは地球はまわっている』と答えたガリレオの言葉はあまりにも有名な話です。

この世界には現代科学を以っても理解出来ない事があり、未知との遭遇案件は神の領域と決めつけている。私は神(宗教)を否定する者ではないが、有能な科学者の前には現代の我々も中世の地道説者たちと何も変わらない。

近年に生命存続倫理を一遍する科学技術の問題がありました。
それは染色帯入れ替えによる新しい生命体を作り出す事が出来る技術です。
染色帯入れ替え技術は医学治療の分野/新品種/新植物を作り出す/等ではそれなりに評価を得ていたのですが、動物の繁殖、同一人間を作り出す事が出来ると聞いた時は、さすがに私も神の領域である[パンドラの箱の蓋を開いてしまった]と感歎しました。

新しい倫理感から正しい理念が生まれる

染色帯入れ替えによる新しい生命体を作り出す事の技術に関してあなたはどう様にお考えですか?
超技術:人体の一部の染色体を培養していく事により貴方と同一人物を作り出す事が出来る
近年スーパーコンピューター技術の進化により、上記の人体染色帯は一人当たり数億あるとされていますが、この染色帯構造を10年ほど前までは10年程かかって解析していたのが、世界一の日本のスパーコンピーターは2時間で解析可能とした。

染色帯構造を短時間で解析出来る技術は染色帯入れ替えによる新しい生命体を作り出す方向を加速していく事でしょう。
人間は長寿の願望を生まれながらもっていたのですが、100歳程度まて゛しか生きる事は出来ませんでしたが、貴方の生命体(体)の一部の染色帯を培養することで貴方と同一人物か誕生するのは、従来の遺伝学(♂と♀の交尾-受精-排卵)の工程とは異類の製造パターンである。

太古の昔から我々はこの種の起源(♂と♀の交尾-受精-排卵)の工程にて子孫を反映して来た。しかし周りの動植物は、この工程を踏まない細胞分裂にて子孫繁栄をしてきた単細胞動物たちを多く見かける。

これを知る時超技術:でも何でもない発見だったのです.
しかし、この染色帯構造を短時間で解析出来る技術こそが人間のDNA鑑定や植物の新種(品種)の改良に現代社会で役立っている事は疑う余地はない.

人間は肉眼で見る事が出来ないもの、近ずく事さえ出来ない世界が沢山あります.新しい発見は未知との遭遇であり無知遭遇であった

正しい理念は学びの中から育つものです''

高等哺乳類動物の染色帯構造解析技術の高度化技術は人間生命学の最先端技術であり、解析された染色帯の並び替え等の技術はまさに神の領域である事は間違いない。これを知りつつ一歩前へ進める事は揺るぎない理念が必要なのではないのでしょうか

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional